サイエンスホームの標準仕様をどこよりも詳しく解説します!

PR
PR

「サイエンスホームで家を建てようと思ってるんだけど、標準仕様ではどんな設備がついてるの?」

「サイエンスホームの標準仕様について、くわしく知りたい!」

ハウスメーカーの標準仕様って、ホームページを見ても書いていないし、調べるのが面倒ですよね。

この記事では、サイエンスホームの標準仕様(標準装備)について、メーカーから商品名・機能性・特長までくわしく解説します。

読めばどんな設備がついているか理解できますので、ぜひ最後まで読んでください。

サイエンスホームの標準仕様(標準装備)

それではさっそく解説していきます。

キッチンはTOTO製「ミッテ」

ミッテの特徴1
(画像引用:TOTOホームページ https://jp.toto.com/)

キッチンは、TOTO製の「ミッテ」。

ミッテの特徴2
(画像引用:TOTOホームページ https://jp.toto.com/)

シャワーの形状を幅広にすることで、作業効率をアップ。

ほうきのような幅広シャワーで、汚れた食器をサッと洗えます。

ミッテの特徴3
(画像引用:TOTOホームページ https://jp.toto.com/)

大きな鍋もぐるりと回しながら洗うことが可能。

ミッテの特徴4
(画像引用:TOTOホームページ https://jp.toto.com/)

シャワーヘッドは引き出せるので、シンク内の手入れが楽にできます。

ミッテの特徴5
(画像引用:TOTOホームページ https://jp.toto.com/)

水を出し止めするときは、つま先で軽く押すだけ。

料理中で手に脂がついているときでも、水栓レバーを汚してしまう面倒がありません。

ミッテの特徴6
(画像引用:TOTOホームページ https://jp.toto.com/)

シンクの底は3°の傾斜をつけたすべり台状になっており、排水口へ水やゴミがスムーズに流れます。

ミッテの特徴7
(画像引用:TOTOホームページ https://jp.toto.com/)

網かごはゴミが引っかかりにくく、まとまりやすい形状。

ミッテの特徴8
(画像引用:TOTOホームページ https://jp.toto.com/)

排水口にも傾斜をつけることで、ヌメリの原因となる汚水がたまりにくい構造です。

さらに、目皿は抗菌・防カビ仕様。掃除の際はサッとひと拭きできれいになります。

ミッテの特徴9
(画像引用:TOTOホームページ https://jp.toto.com/)

浄水器用水栓は調理スペース側に設置されているので、大きな鍋をカウンターに置いたまま水がくめて、コンロまでの移動が楽です。

ミッテの特徴10
(画像引用:TOTOホームページ https://jp.toto.com/)

調味料ボトルに配慮した引き出しは、中ボトルを上段引き出しの奥へ、お徳用の大ボトルは手前側へ、すっきりしまえるようになっています。

ミッテの特徴11
(画像引用:TOTOホームページ https://jp.toto.com/)

使用頻度の高い鍋やフライパンを上段引き出しにしまうことができ、調理作業中にかがむ機会を減らして、足腰への負担を軽減することが可能。

ミッテの特徴12
(画像引用:TOTOホームページ https://jp.toto.com/)

引き出しの高さを床から6cmに設定しているので、キッチンマットを敷いても巻き込みません。

けこみパネル(床と扉のあいだのつま先が入る部分)は床にすき間なく接しており、ゴミやホコリが溜まらないのも特長です。

ミッテの特徴13
(画像引用:TOTOホームページ https://jp.toto.com/)

引き出しは静かに開閉する、サイレントレールを標準装備。

ミッテの特徴14
(画像引用:TOTOホームページ https://jp.toto.com/)

レンジフードは、ファンの手入れが10年間不要な「スーパークリーンフード」となっています。

理由は、はつ油コートを施したファンが回転することで、ファンに付着した油がはじき飛び、換気量の低下の原因となる付着油を軽減させるから。

ふだんの手入れはカバー・整流板・オイルパックという3つのパーツをサッとふくだけで、かんたんです。

お風呂はTOTO製「サザナ」

サザナの特徴1
(画像引用:TOTOホームページ https://jp.toto.com/)

お風呂は、TOTO製の「サザナ」。

サザナの特徴2
(画像引用:TOTOホームページ https://jp.toto.com/)

「ほっカラリ床」と名付けられた床は、床の内側にクッション層を持っていて、畳のようなやわらかさを実現しています。

やわらかい床が足裏にフィットするので、子どもや老人が入っても転倒の心配がありません。

「ほっカラリ床」には衝撃吸収効果もあり、物を落としても音が響きにくいです。

サザナの特徴3
(画像引用:TOTOホームページ https://jp.toto.com/)

さらに断熱効果によって、冬場の浴室に足を踏み入れたときのヒヤッとする感覚を低減。

上の画像の足裏温度測定結果を見ると、従来の床と「ほっカラリ床」では26℃を示す赤い部分の範囲が全然違うことがわかります。

サザナの特徴4
(画像引用:TOTOホームページ https://jp.toto.com/)

床表面は特殊処理をほどこした親水層の効果で、皮脂汚れと床のあいだに水が入り込み、汚れを洗い流しやすくなっています。

サザナの特徴5
(画像引用:TOTOホームページ https://jp.toto.com/)

床に刻まれた溝を伝って、表面の水を排水。翌朝にはカラリと乾いて、靴下のまま入っても足がぬれません。

サザナの特徴6
(画像引用:TOTOホームページ https://jp.toto.com/)

タテに設置されたシャワーバーを使うことで、シャワーの高さを好きな位置に調節可能。

シャワー自体の角度を変えることもでき、頭の真上からお湯を浴びたり斜めの角度から浴びたりと、自由に楽しめます。

サザナの特徴7
(画像引用:TOTOホームページ https://jp.toto.com/)

「サザナ」のシャワーには、大粒の水玉が左右にスイングしながら勢いよく吐水する、ウエーブ吐水を搭載。

従来のシャワーよりも35%の節水効果があります。

サザナの特徴8
(画像引用:TOTOホームページ https://jp.toto.com/)

「サザナ」の浴槽は、断熱材で包み込まれた魔法びんのような構造。

お湯はりから4時間放置しても、温度変化はわずか-2.5℃以内です。

サザナの特徴9
(画像引用:TOTOホームページ https://jp.toto.com/)

「サザナ」の排水口は凹凸が少なく、汚れを落としやすい形状なので掃除が楽です。

排水口まわりは見える範囲すべてが抗菌・防カビ効果を持つ樹脂で、ぬめりやカビ汚れの繁殖を抑えます。

サザナの特徴10
(画像引用:TOTOホームページ https://jp.toto.com/)

排水口についているヘアキャッチャーは、すり鉢状になっていて、髪の毛を中央に誘導しやすい形状です。

まとまった髪の毛は、ヘアキャッチャーを外してひっくり返すだけでポイッと捨てられます。

サザナの特徴11
(画像引用:TOTOホームページ https://jp.toto.com/)

排水口内部は凹凸が少なく、手を入れやすいシンプルな形状で、ふき掃除がしやすいです。

サザナの特徴12
(画像引用:TOTOホームページ https://jp.toto.com/)

「サザナ」のカウンターは、壁や浴槽と離れた、浮島のような位置に設置しています。

従来の壁や浴槽にくっついたカウンターよりも、カウンターの奥や側面・カウンター下の壁まで手が届き、掃除がかんたんです。

サザナの特徴13
(画像引用:TOTOホームページ https://jp.toto.com/)

「サザナ」の鏡は、表面を炭素の膜でおおった、お掃除ラクラク鏡。

従来の鏡と違って水あかが表面に残らず、汚れをラクに落とせます。

サザナの特徴14
(画像引用:TOTOホームページ https://jp.toto.com/)

「サザナ」のドアは、従来のドアでカビがつきやすかったドア縁のゴムパッキンをなくし、汚れがたまりやすいドア下の換気口をドア枠の上部に移動。

入浴中は浴室から出ようとする湿気を換気口で止め、換気中は外から空気を取り込みます。

洗面台はTOTO製「Vシリーズ」

Vシリーズの特徴1
(画像引用:楽天市場 https://www.rakuten.co.jp/)

洗面台は、TOTO製の「Vシリーズ」。

Vシリーズの特徴2
(画像引用:楽天市場 https://www.rakuten.co.jp/)

すべり台のように泡や髪の毛を流す形状になっていたり、濡らしたくない物と濡れた物の位置を分けられるようになっています。

Vシリーズの特徴3
(画像引用:楽天市場 https://www.rakuten.co.jp/)

水栓は、右端からレバー中央部までは水、中央部から左はお湯が出る「エコシングル水栓」。

お湯と水の境を越える際に「カチッ」というクリック音が鳴ることで、切り替えが認知しやすく、お湯と水を使い分けるのが楽です。

Vシリーズの特徴4
(画像引用:楽天市場 https://www.rakuten.co.jp/)

洗面台下の収納スペースは、排水管の形を工夫することで、従来の洗面台よりも広く使える設計。

Vシリーズの特徴5
(画像引用:楽天市場 https://www.rakuten.co.jp/)

鏡には電気を使わずにくもりを防ぐ、くもり止めコートがほどこしてあります。

従来の洗面台には電気を使ったくもり止めヒーターがついているものが多いですが、「ついたくもりを消す」のではなく「最初からくもらせない」という発想で、消えるまでの待ち時間がないのが特長です。

トイレはTOTO製

トイレはTOTO製のものが標準仕様でつけられます。

TOTO製であること以外に具体的な商品名の情報がないので、ざんねんながら画像をつかった機能性の解説ができません。

気になる方はサイエンスホームに直接問い合わせてください。

ここまで書いてきましたが、サイエンスホームは支店によって標準仕様が変わってきます。

この記事で紹介した設備が自分の建てる地域でも標準になっているかどうか、契約前によく確認してくださいね。

理想の注文住宅完成に一歩近づく方法

これから注文住宅を建てようと思っている方、何から始めたらいいかわからなくて困っていませんか?

そんなときは、おうちキャンバスを使うのがおすすめですよ。

家づくりへの希望を入力して送信するだけで、全国500人以上の厳選された営業マンのなかから、あなたの理想をかなえてくれる営業マンを担当につけてくれます。

ためしにオンライン面談をしてみて、万が一気に入らなかった場合は変更もできるので、あなたが気をつかう要素はいっさいありません。

  • 住宅展示場で出会う営業マンの良し悪しを見抜く自信がない
  • どこのハウスメーカーがいいかさっぱりわからない
  • そもそも住宅展示場で1社1社話を聞いてまわるのがめんどくさい

こんな悩みを抱えているなら気軽に利用してください。理想の注文住宅完成に一歩近づけます。

タイトルとURLをコピーしました