【PR】▶家づくりに一緒に臨む奥様に贈り物はいかが?

ヤマト住建で家を建てるには年収はどれだけ必要か計算してみた!

「ヤマト住建で家を建てたいんだけど、年収っていくら必要?」

「月々の支払い額ってどれくらいになるの? 年収3,000,000円でも建てられるかな?」

注文住宅の値段、車や電化製品と違ってはっきりした額が決まっていないし、いくら用意すればいいのかわかりにくいですよね。

この記事では、ヤマト住建で家を建てるには年収はいくら必要か、それに満たない年収で建てるにはどうしたらいいかをわかりやすく解説します。

実際にヤマト住建で建てたひとの実例を挙げながら解説しますので、ぜひ最後まで読んでください。

ヤマト住建で家を建てたひとの年収

ヤマト住建で家を建てたひとの口コミを調べると、年収は4,500,000円~8,000,000円程度となっています。

建築費用は15,530,000円~26,000,000円で、年収の3.25倍~3.45倍の家を建てているのが実情です。

年収4,500,000円で15,530,000円の家を建てたひとは、もともと土地を所有しており、土地代が0円で済んだことでかなり費用が抑えられています。

後述しますが、土地から購入する場合はさらに金額が跳ね上がると思っておきましょう。

また、他のハウスメーカーで建てたひとの口コミを参考にすると、土地代を含めた費用が年収の8倍程度であれば、無理のない返済計画が立てられるという計算結果が出ています。

ヤマト住建で家を建てるには年収はいくら必要か

では実際にいくつかの商品を例に出して、必要な年収がいくらになるか計算していきましょう。

対象とする商品は以下の3つです。

商品名 特徴
エネージュSE 木造パネル工法
エネージュPLUS
エネージュSGR

なお支払いの条件としては、次のとおりで計算します。

  • 頭金を本体価格の2割用意する
  • 35年ローン(金利1.24%で固定)
  • ボーナス払いなし
  • 元利均等返済

エネージュSEの必要年収

エネージュSE
(画像引用:ヤマト住建ホームページ https://www.yamatojk.co.jp/)

木造パネル工法のエネージュSE。坪単価の目安は500,000円~600,000円です。

わかりやすくするために坪単価を550,000円と仮定して、エネージュSEを延べ床面積30坪~60坪で建てた場合で計算すると、支払い額は下の表のようになります。

(※実際は延べ床面積が上下すると坪単価も変わるので、正確な金額ではありませんが、坪単価がいくら変動するかは断言できないため、この記事では一定で計算します。詳しくは以下の記事を参照してください。)

費用 30坪の場合 40坪の場合 50坪の場合 60坪の場合
本体価格
(消費税込み)
18,150,000円 24,200,000円 30,250,000円 36,300,000円
頭金 3,630,000円 4,840,000円 6,050,000円 7,260,000円
月々の支払い額 43,000円 57,000円 72,000円 86,000円

平均的な40坪の家であれば、月々の支払い額は57,000円。30坪の小さな家でもよければ、月々の支払い額は43,000円です。

ただし、土地を持っていない場合はこれに加えて土地代がかかります。土地代はピンキリですが、東京都内や首都圏に住むのであれば30,000,000円は見ておきましょう。

さらに、注文住宅を建てる際は本体価格とは別に諸費用がかかります。金額は本体価格と土地代を足した金額の2割~3割程度。

仮に30,000,000円の土地を購入してエネージュSEを建てるとしたら、以下の計算でおおざっぱな支払い総額が出せます。

・30坪の場合
(本体価格18,150,000円+土地代30,000,000円)×1.25=60,187,500円

・40坪の場合
(本体価格24,200,000円+土地代30,000,000円)×1.25=67,750,000円

・50坪の場合
(本体価格30,250,000円+土地代30,000,000円)×1.25=75,312,500円

・60坪の場合
(本体価格36,300,000円+土地代30,000,000円)×1.25=82,875,000円

土地代と諸費用をあわせると、支払い総額は30坪で60,187,500円です。

年収の8倍でこの金額になるとすれば、エネージュSEを建てるには7,523,437円の年収が必要という計算になります。

ちなみに諸費用の内訳については以下の記事で詳しく解説しているので、詳細まで知りたい方はこちらもあわせて参考にしてみてください。

エネージュPLUSの必要年収

エネージュPLUS
(画像引用:ヤマト住建ホームページ https://www.yamatojk.co.jp/)

おなじく木造パネル工法のエネージュPLUS。坪単価の目安は650,000円~750,000円です。

わかりやすくするために700,000円と仮定して、エネージュPLUSを延べ床面積30坪~60坪で建てた場合で計算すると、支払い額は下の表のようになります。

費用 30坪の場合 40坪の場合 50坪の場合 60坪の場合
本体価格
(消費税込み)
23,100,000円 30,800,000円 38,500,000円 46,200,000円
頭金 4,620,000円 6,160,000円 7,700,000円 9,240,000円
月々の支払い額 55,000円 73,000円 91,000円 109,000円

平均的な40坪の家であれば、月々の支払い額は73,000円。30坪の小さな家でもよければ、月々の支払い額は55,000円です。

では、30,000,000円の土地を購入してエネージュPLUSを建てると仮定し、諸費用を含めておおざっぱな支払い総額を出してみましょう。

・30坪の場合
(本体価格23,100,000円+土地代30,000,000円)×1.25=66,375,000円

・40坪の場合
(本体価格30,800,000円+土地代30,000,000円)×1.25=76,000,000円

・50坪の場合
(本体価格38,500,000円+土地代30,000,000円)×1.25=85,625,000円

・60坪の場合
(本体価格46,200,000円+土地代30,000,000円)×1.25=95,250,000円

土地代と諸費用をあわせると、支払い総額は30坪で66,375,000円です。

年収の8倍でこの金額になるとすれば、エネージュPLUSを建てるには8,296,875円の年収が必要という計算になります。

エネージュSGRの必要年収

エネージュSGR
(画像引用:ヤマト住建ホームページ https://www.yamatojk.co.jp/)

こちらも木造パネル工法のエネージュSGR。坪単価の目安は400,000円~550,000円です。

わかりやすくするために475,000円と仮定して、エネージュSGRを延べ床面積30坪~60坪で建てた場合で計算すると、支払い額は下の表のようになります。

費用 30坪の場合 40坪の場合 50坪の場合 60坪の場合
本体価格
(消費税込み)
15,675,000円 20,900,000円 26,125,000円 31,350,000円
頭金 3,135,000円 4,180,000円 5,225,000円 6,270,000円
月々の支払い額 37,000円 50,000円 62,000円 74,000円

平均的な40坪の家であれば、月々の支払い額は50,000円。30坪の小さな家でもよければ、月々の支払い額は37,000円です。

では、30,000,000円の土地を購入してエネージュSGRを建てると仮定し、諸費用を含めておおざっぱな支払い総額を出してみましょう。

・30坪の場合
(本体価格15,675,000円+土地代30,000,000円)×1.25=57,093,750円

・40坪の場合
(本体価格20,900,000円+土地代30,000,000円)×1.25=63,625,000円

・50坪の場合
(本体価格26,125,000円+土地代30,000,000円)×1.25=70,156,250円

・60坪の場合
(本体価格31,350,000円+土地代30,000,000円)×1.25=76,687,500円

土地代と諸費用をあわせると、支払い総額は30坪で57,093,750円です。

年収の8倍でこの金額になるとすれば、エネージュSGRを建てるには7,136,718円の年収が必要という計算になります。

ヤマト住建の家を〇〇の年収で建てるには

ヤマト住建の家
(画像引用:ヤマト住建ホームページ https://www.yamatojk.co.jp/)

ここまでは30,000,000円の土地を買う前提で必要な年収を出してきましたが、もちろん土地代にいくらかけるかは個人の自由です。

ここからは、

  • 年収3,000,000円
  • 年収4,000,000円
  • 年収5,000,000円

これら3つの年収でヤマト住建の家を建てるにはどうすればいいかを見ていきましょう。

年収3,000,000円の場合

家とお金1

年収3,000,000円の場合、8倍で計算すると、24,000,000円。

先ほど例として挙げたなかでもっとも安い30坪のエネージュSGRが、本体価格15,675,000円なので予算内です。

諸費用を考慮すると、土地代につかえるのは3,525,000円。3,525,000円の土地は東京都内で見つけるのは困難ですが、首都圏や地方であれば選択肢はあります。

頭金3,135,000円+諸費用4,800,000円の計7,935,000円用意して、月々の支払いは48,000円。

年収3,000,000円というと月収が250,000円あるわけですから、夫婦2人で生活するぶんには困らないでしょう。

年収4,000,000円の場合

家とお金2

年収4,000,000円の場合、8倍で計算すると、32,000,000円。

この予算であれば、30坪のエネージュSGR(15,675,000円)が予算内で建てられて、諸費用を考慮しても土地代として9,925,000円つかえます。

この場合、頭金3,135,000円+諸費用6,400,000円の計9,535,000円用意して、月々の支払いは66,000円。

年収4,000,000円ということは月収が333,000円あるわけですから、頭金と諸費用さえ用意できれば、支払い自体はそれほどきつくないでしょう。

年収5,000,000円の場合

家とお金3

年収5,000,000円の場合、8倍で計算すると、40,000,000円。

これぐらい予算があれば、先ほど例として挙げたなかでもっとも高価な、エネージュPLUSも建てられます。

エネージュPLUSの本体価格は、30坪で23,100,000円なので、諸費用を考慮すると土地代につかえるのは8,900,000円です。

頭金4,620,000円+諸費用8,000,000円の計12,620,000円用意するとして、月々の支払いは81,000円。

年収5,000,000円というと月収が416,000円あるわけですから、これぐらい支払いがあっても余裕を持って暮らせるでしょう。

「エネージュPLUSじゃなくていいからもっと大きな家がいい」ということであれば、40坪のエネージュSE(本体価格24,200,000円)を建てて、土地代に7,800,000円まわすこともできます。

その場合は頭金4,840,000円+諸費用8,000,000円の計12,840,000円用意して、月々の支払いは80,000円です。

ここまで書いてきましたが、無理のない返済計画を立てるために、頭金は本体価格の2割以上の額を用意しておきましょう。

この記事を読んだことで、ヤマト住建で家を建てるには年収いくら必要かという疑問が解消されることを願っています。

新居でともに暮らすたいせつな奥様のために

これから家を建てようとしている方、奥様との記念日が近くありませんか?

記念日のプレゼントに、指輪やアクセサリーはいかがでしょう。

女性はいくつになっても若々しく、だいじに扱われたいもの。

あなたのさりげないプレゼントがきっかけで、家づくりのこだわりも聞いてくれるかもしれませんよ。

  • 結婚記念日や誕生日が近い
  • 最近プレゼントらしいプレゼントをした覚えがない
  • 子どもが生まれてから前ほど仲良くなくなった気がする

どれか1つでも当てはまったら、銀座ダイヤモンドシライシを訪れてみてください。

初めて2人で記念日を祝ったころの、最高の笑顔に出会えます。

(※銀座ダイヤモンドシライシは本来、結婚指輪を買いにいくお店ですが、30,000円台で買える指輪・ネックレス・ピアスも豊富に取り揃えているため、既婚者の方のプレゼントにも最適です)

私が実際にプレゼントを買ったときの体験談を書きましたので、興味のある方は以下の記事をぜひご覧ください。

 

タイトルとURLをコピーしました