▶たった3分で理想のハウスメーカーに出会う方法

【実例】アイ工務店で家を建てて後悔していること7つ!

「アイ工務店で家を建てようと思ってるんだけど、欠点ってないの?」

「実際にアイ工務店で建てたひとが後悔してるポイントが知りたい!」

中堅ハウスメーカー、アイ工務店。建てる際には魅力だけじゃなくて、欠点も知っておきたいですよね。

この記事では、アイ工務店で建てたひとが後悔している7つの実例を紹介します。

読めばアイ工務店の家の実態がわかり、建てるにあたって何に気をつけたらいいかがわかるようになりますので、ぜひ最後まで読んでください。

アイ工務店で建てたひとが後悔しているポイント

それではさっそく紹介していきます。

シューズラックにドアをつけるべきだった

シューズラック

アイ工務店で家を建てたAさん。

玄関にシューズラックをつけたところ、お客さんが来たときに中身がまる見えで恥ずかしいことに気づきました。

「ウォークインクローゼットみたいにドアつきにして、来客時は閉めて隠せるようにしておけばよかった」

と、後悔しています。

玄関からリビングへの廊下をなくして失敗

リビング

おなじくAさんは、アイ工務店から提案を受けて、玄関からリビングまでの廊下をなくしました。

玄関を入って直接リビングにつながるこの間取りは、「リビングがより広く使えるように」と配慮しての提案でした。

しかし、これによって本来廊下に設置するはずのトイレを、リビング内に設置するしかなくなってしまったのです。

トイレを使用するときは、リビングにいる家族に音がまる聞こえ。

家族だけならまだしも、お客さんが来たときにも音が漏れてしまい、とても気まずい思いをしているといいます。

「トイレはリビングから離すべきだった」

と、Aさんは悔やんでいる様子です。

提案された間取りが家事動線をまったく考えられていなかった

脱衣所

さらにAさんがもっとも残念に思っているところは、提案された間取りが家事動線をまったく考えられていなかったこと。

Aさんの家は、「キッチン」と「洗濯機のある脱衣所」が壁一枚へだてた隣同士にあります。

にも関わらず、2つの部屋を直接行き来することができない間取りになっており、行き来したいときは家のなかを大きくまわり道しなければならないのです。

「キッチンと脱衣所のあいだは壁一枚なんだから、ドアをつけて直接行き来できるようにしてくれればよかったのに。なんで設計段階で提案してくれなかったんだろう…」

と、Aさんは提案の少なさにがっかりしています。

太陽光発電パネルをもっとたくさんつければよかった

太陽光発電パネル

アイ工務店で家を建てたBさんは、太陽光発電システムをつけました。

本当に必要かどうか半信半疑だったこともあって、屋根に載せられる上限までは載せず、屋根の一部だけに搭載。

実際に住んで使ってみたところ、それまで住んでいた家よりも電気代が大幅に減り、暖かい時期には使用している電気よりも売電収入のほうが多くなって、プラス収支に。

さらに家のなかのモニターで電気の使用状況をチェックできるようになったことで、より節電意識が強くなり、電気の無駄づかいが減った、といいます。

「こんなに良いものだったら、屋根に載せられる上限まで載せればよかった」

と、Bさんはいい意味で後悔している様子です。

吹き抜けがせますぎて開放感がない

吹き抜け

Bさんは、家のリビングに吹き抜けをつくりました。

吹き抜けをつくった理由は以下の3つです。

  • 開放感があるから
  • 2階から光が射し込んで明るくなりそうだから
  • 遊び心を出したかったから

しかし、吹き抜け部分をリビングの端のほうに少しつくっただけだったので、開放感はほとんど出ませんでした。

それどころか1階の生活音が2階までひびいてしまい、小さな子どもを2階で寝かしつけるBさんの家では、デメリットのほうが大きかった様子。

3つの理由のうち後者2つのねらいは成功したものの、開放感をねらうならもっと広い吹き抜けをつくるべきだった、と後悔しています。

お風呂の浴槽を大きくしすぎて後悔

お風呂場

Bさんはお風呂の大きさを決める際に、アイ工務店の標準仕様よりも少し大きめに注文しました。

お風呂場を大きくしたぶん浴槽もいちばん大きなものを選択し、家族3人で入るのにピッタリのお風呂場ができあがって、Bさんは大満足。

…の、はずでしたが、いざ住んでみると、身長の低いBさんの奥さんには広すぎたようで、毎回入浴する際におぼれそうになってしまうことがわかったのです。

身長の高い成人男性にとって盲点だったこの失敗は、まさに住んでみて初めてわかる後悔ポイントでした。

浴室乾燥機をつけたけど使う機会がなかった

浴室乾燥機

Bさんは、悪天候時にあれば便利だと思って、浴室乾燥機をつけました。

ところが、実際に住んでみると、部屋干ししただけで洗濯物は1日で乾くことが発覚。

さらにBさんの家にはドラム式洗濯乾燥機があるので、急いで乾かしたい場合も浴室乾燥機を使う機会はまったくありませんでした。

「こんなことならお金はらってつける必要なかったな…」

と、Bさんは無駄を実感しています。

ここまで書いてきましたが、アイ工務店の施主が感じている後悔ポイントは以上のように間取りや設備に関するものが多く、契約したことそのものを後悔している声は見当たりませんでした。

ただし、満足度が高いハウスメーカーとみなすには情報量があまりにも少なく、建てたあとでなにか情報を得たいと思っても口コミ調査するのは至難の業だ、ということをあらかじめ知っておいてください。

この記事を読んだことで、アイ工務店で家づくりをする際の参考になれれば幸いです。

理想の注文住宅完成に一歩近づく方法

これから注文住宅を建てようと思っている方、何から始めたらいいかわからなくて困っていませんか?

そんなときは、【タウンライフ家づくり】注文住宅の一括無料見積もりを使うのがおすすめですよ。

家を建てたいエリアと希望の条件を入力するだけで、複数のハウスメーカー・工務店から間取りプランと見積もりを同時に作成してもらえます。

各メーカーの間取りプランと見積書を比較すれば、ほんとうに自分の希望に沿っているのはどこなのか、ひと目で判断できるでしょう。

  • 住宅展示場で1社1社話を聞くのがめんどくさい
  • 営業マンからガツガツした営業をかけられたくない
  • おなじ条件でもっとも安く建てられるハウスメーカー・工務店が知りたい

こんな悩みを抱えているならぜひ利用してください。理想の注文住宅完成に一歩近づけます。

タウンライフ間取り図

↑私もこのサービスを利用して、積水ハウスからこんな間取り図を無料でゲットしましたよ。

詳しくは下記の『たった3分で理想のハウスメーカーに出会う方法!』ページをご覧ください。

 

タイトルとURLをコピーしました