▶たった3分で理想のハウスメーカーに出会う方法

住友林業とへーベルハウスではどっちを選ぶべき?決め手はこの2つ!

「注文住宅を建てようと思ってるんだけど、住友林業とへーベルハウスどっちがいいか悩む…」

「選択失敗して後悔したくない! 住友林業とへーベルハウスを選ぶ決め手を教えて!」

人生で一度の注文住宅、ハウスメーカー選びで失敗したくないですよね。

この記事では、住友林業とへーベルハウスの特徴を7つのポイントに分けて、詳しく比較したうえで、どちらを選んだらいいかを解説します。

読めば自分に合っているのはどちらのハウスメーカーなのかがハッキリしますので、ぜひ最後まで読んでください。

住友林業とへーベルハウスの比較ポイント7つ

それではまず、住友林業とへーベルハウスを以下の7つのポイントで比較してみましょう。

  • 耐震性
  • 間取りの自由度
  • 坪単価
  • 構造
  • 断熱性能
  • アフターサービス
  • 営業マンの質

耐震性は住友林業のほうが明確で安心

耐震性は、住友林業は耐震等級3(建築基準法レベルの1.5倍の耐震性)が最低水準となっており、安心です。

耐震等級3を取得する手段のひとつとして、地震や衝撃に対する住宅の安全性をより高めるために、「構造計算」というものがあります。

「構造計算」は2階建て以下の木造住宅を建てる際には義務付けられていないため、ほとんどのハウスメーカーではやりません。

しかし、木造住宅のみを扱う住友林業は、1邸1邸かならず「構造計算」を実施します。

へーベルハウスは鉄骨住宅しか扱っていないので、当然やっていると思われます。

ビッグフレーム構法
(画像引用:住友林業ホームページ https://sfc.jp/)

住友林業がビッグフレーム構法の家で行った実験では、2階建てよりも被害が大きくなりやすい3階建ての建物を使い、東日本大震災の震度7クラスを2回、阪神・淡路大震災の震度7クラスを20回加振。

さらに余震が発生することも想定して、震度4~6弱の揺れを224回加振し、震度7も含めた計246回という加振の繰り返しをしても、構造躯体の耐震性が維持されることが確認されました。

一般的な基準である耐震等級3は600ガル(※ガル=地震の揺れの大きさを表す加速度の単位)程度の地震が起きても倒壊しないことが基準になっていますが、実験では約5.6倍の3,406ガルまでクリアしています。

サイレス
(画像引用:へーベルハウスホームページ https://www.asahi-kasei.co.jp/hebel/index.html/)

対して、へーベルハウスの3階建てが可能な住宅(2~4階建て)には、オイルダンパー制震システム「サイレス」が標準搭載されています。

「サイレス」は高層ビルにも採用されている制震システムで、大地震から中小規模の地震まで、幅広く効果を発揮して住宅を守ります。

「サイレス」の耐用年数は60年であることが確認されており、地震によってオイルダンパー内のオイルが温度上昇しても、ほとんど性能が下がらないという実験結果が出ました。

営業マンいわく、「一般的なハウスメーカーでは、30坪の家だと制震装置を5個ぐらいしかつけませんが、へーベルハウスは40個弱つけるので、震度7の地震が何回来ても最初の状態と変わりません」とのこと。

ただ、耐震等級についてはかならず3が取得できるとは公言しておらず、40個弱の制震装置がどこまで役に立つかは不明です。

以上のことから、耐震性については住友林業のほうが明確で、安心できるといえるでしょう。

間取りの自由度は住友林業のほうが高い

間取りの自由度は、住友林業に軍配が上がります。

住友林業のビッグフレーム構法では、最大天井高2,800mm・最大幅7,100mmの広い間取りを実現可能。

タテにもヨコにもミリ単位での調節ができるので、「大空間はべつに必要ない」という施主でも、満足のいく間取りになる可能性が高いです。

柱勝ちラーメン構造とビッグフレーム構法の比較
(画像引用:住友林業ホームページ https://sfc.jp/)

住友林業のビッグフレーム構法のもうひとつの特徴は、通し柱が不要なこと。

二世帯住宅で1階は親世帯、2階は子世帯で住む場合に、それぞれの世帯で好みの間取りが叶えられます。

対して、へーベルハウスの重鉄・システムラーメン構造は通し柱が必要なため、1階の間取りの影響を受けて、2階や3階にどうしても動かせない柱があったりします。

天井高も2,400mmしか選べず、住友林業の最大天井高とくらべると、400mmも低い設定。

鉄骨造とビッグフレーム構法の比較
(画像引用:住友林業ホームページ https://sfc.jp/)

さらに、住友林業のビッグフレーム構法に使われる「ビッグコラム」という柱は、鉄骨にくらべてうすいため、おなじ大きさの家でも室内が広いというメリットもあります。

室内が広ければそのぶん家具の配置を自由に考えられて、住みやすい環境がつくれるでしょう。

坪単価は住友林業のほうが安い

坪単価の目安は、

  • 住友林業:600,000円~800,000円
  • へーベルハウス:700,000円~1,500,000円

となっており、住友林業のほうが安いです。

ただ、坪単価の計算方法には厳密な決まりがなく、計算方法によって金額が大きく変わってきます。さらに材料費の高騰や建築会社の方針変更によって年々変動していくので、あくまで参考程度にとらえましょう。

なお坪単価の計算方法については以下の記事でさらに詳しく解説しているので、詳細まで知りたい方はこちらもあわせて参考にしてみてください。

具体的にいくらで建てられるか総額が知りたい方には、以下の記事がおすすめです。ぜひ読んでください。

木造がいいか鉄骨がいいか

木造住宅の建築現場

住友林業とへーベルハウスの決定的な違いは、扱っているのが木造住宅か鉄骨住宅かということです。

住友林業の家はすべて木造住宅で、へーベルハウスの家はすべて鉄骨住宅(軽量鉄骨・重量鉄骨)となっています。

木造住宅の大きなメリットは、火災に強いということ。

木は「表面が炭化しても内部まで完全に炭化するまでに時間がかかる」という特徴があり、火災が発生してから避難するまでの時間には30分以上の余裕があります。

対して、鉄は燃やすと5分で強度が半分以下になり、10分燃やし続けると強度が20%程度しか残りません。強度が下がった鉄はぐにゃりと曲がってしまいます。

火災に強い家に住みたければ、住友林業を選ぶほうがおすすめです。

鉄骨住宅の建築現場

一方、鉄骨住宅の最大のメリットは、誰が建ててもおなじ品質の家が建つということ。

木造住宅は建築現場に木材を持っていき、職人が手作業で加工するため、職人の腕によって仕上がりにばらつきが生まれやすいという特徴があります。

対して、鉄骨住宅は部材を工場で生産するため、ばらつきが生まれることがほとんどありません。

「家は建てたいけど職人の腕が信用できない」という不安があるなら、へーベルハウスを選ぶほうが無難です。

木造住宅・鉄骨住宅それぞれのメリット・デメリットは以下の記事で解説しています。どちらを選んでいいかわからない方は参考にしてください。

断熱性能は住友林業が上

断熱性能は、住友林業のほうが上です。

住宅の断熱性能を表す「Q値」と、年間でかかる冷暖房費を下の表で比較しました。見てください。

ハウスメーカー Q値(断熱性能) 年間冷暖房費(37坪の場合)
住友林業(マルチバランス構法) 1.92 191,000円
へーベルハウス 2.70 298,000円

「Q値」は小さければ小さいほど断熱性能が高いという意味です。

数値を見ると、住友林業のほうが優秀であることがわかりますね。

年間冷暖房費は断熱性能が高くなるほど安くなり、37坪の住宅の場合、へーベルハウスよりも住友林業のほうが107,000円安いです。

先ほどから解説してきたビッグフレーム構法の家のデータがないので、住友林業の家はマルチバランス構法の家を例に挙げていますが、ビッグフレーム構法で比較してもそれほど大きな違いはなく、このランク付けは変わりません。

断熱性能にこだわるなら、住友林業を選ぶべきでしょう。

アフターサービスは住友林業のほうが手厚い

住友林業とへーベルハウスのアフターサービスを比較してみると、住友林業のほうが手厚いことがわかります。内容は以下の通りです。

<住友林業のアフターサービス>

  • 構造躯体と防水に30年の保証がつく
  • 引渡しから3ヶ月・1年・2年・5年・10年・15年・20年・25年目に無料点検がある
  • 30年目に有料メンテナンス工事を受けることで、以降10年の保証延長ができる
  • 保証延長後は10年ごとに無料点検を受け、最長で60年目まで延長可能
  • 40年目・50年目の無料点検時に、外壁塗装のメンテナンスを受けなければ保証延長できない場合がある
  • 入居後は24時間365日受付のコールセンターが利用できる

<へーベルハウスのアフターサービス>

  • 構造耐力上主要な部分と雨水の侵入を防止する部分について、30年の初期保証がつく
  • 引渡しから1年・2年・5年・10年・15年・20年・25年・30年目に無料点検がある
  • 30年目に防水・外装の集中メンテナンス(有料)を受けることで、保証を60年に延長
  • 60年目まで保証を継続するためには、30年目以降5年ごとの有料点検を受けること
  • その他主要な住宅設備機器に10年の保証がつく
  • 入居後の不具合はへーべリアンセンターという相談窓口に相談できる(営業時間・定休日ともに不明)

初期保証が30年であることは両社に共通する部分です。違うのは、30年を超えてからの保証延長について。

住友林業は、一度有料メンテナンス工事を受ければ以降10年延長保証されます。40年目・50年目の点検は、外壁塗装のメンテナンスが不要であれば無料です。

対して、へーベルハウスは、一度有料メンテナンス工事を受けても5年おきに有料点検を受けなければ保証が切れてしまいます。

アフターサービスの手厚さで選ぶなら、住友林業を選ぶべきですね。

営業マンの質は住友林業>へーベルハウス(個人的な意見)

私は住宅展示場で、住友林業・へーベルハウス両社の営業マンとそれぞれ話した経験があります。

営業マン1

住友林業の営業マン(推定20代女性)は、自社の商品に限らず、住宅に関する知識が非常に豊富で、資料に載っている以上の話がたくさん聞けました。

冷静に話を聞いていると、自社の商品をしっかり勧めながら、住宅見学イベントの紹介や、予算の話題も振ってきているんですが、契約を急かしてこないからもっと話を聞きたい気持ちになります。

押し切られたような感覚ではなく、純粋に印象がよくて「このひとと契約して家を建てたい」という気持ちになりました。

営業マン2

対して、へーベルハウスの営業マン(推定20代男性)は、かなりガツガツした営業マンでした。

「ほかのメーカーとも比較して決めたい」というこちらの意向にかまわず、「ほかのハウスメーカーなんて見てはいけません。1社で決めてください」といい、あわよくばこのまま契約させよう、という姿勢で圧倒されました。

電話営業もしてこようとしたので、「必要なときはこちらからかけます」と丁重にお断り。
…したはずなんですが、何度も何度も電話がかかってきて、恐怖を覚えました。

いうまでもなく、営業マンの質では断然住友林業が上ですね。

住友林業とへーベルハウスを選ぶ決め手

2択で迷う女性

住友林業とへーベルハウスを比較してきた結論として、両社を選ぶ決め手は以下の2つです。

  • 「木造住宅はどうしてもイヤだ」という強いこだわりがないなら住友林業
  • ガツガツした営業に対して「やる気がある」と好印象を抱けるならへーベルハウス

ここまで読んでいただいた方ならわかる通り、7つの比較ポイントすべてにおいて、へーベルハウスが上回っている部分はありませんでした。

「木造がいいか鉄骨がいいか」という項目では両者のあいだに明確な優劣はないので、木造住宅が個人的に嫌いだ、ということじゃなければ、住友林業を選んで後悔することはないでしょう。

営業マンの質についてはあくまで私が話した相手がこうだった、という話であって、へーベルハウスの営業マンが全員ガツガツしているとは限りません。

ただ、私の行った住宅展示場では、へーベルハウスのモデルハウスの前だけつねにスタッフが大きな声で呼び込みをおこなっており、会社としての姿勢がそもそもガツガツしているのかな、と思います。

私的には印象最悪です。

ここまで書いてきましたが、ネットで見ると「積極的な営業姿勢に心ひかれて契約を決めた」というひともいるようなので、そこは好みの問題ですね。

この記事を読んだことで、住友林業とへーベルハウスどちらを選ぶべきかという悩みが解消されることを願っています。

理想の注文住宅完成に一歩近づく方法

これから注文住宅を建てようと思っている方、何から始めたらいいかわからなくて困っていませんか?

そんなときは、【タウンライフ家づくり】注文住宅の一括無料見積もりを使うのがおすすめですよ。

家を建てたいエリアと希望の条件を入力するだけで、複数のハウスメーカー・工務店から間取りプランと見積もりを同時に作成してもらえます。

各メーカーの間取りプランと見積書を比較すれば、ほんとうに自分の希望に沿っているのはどこなのか、ひと目で判断できるでしょう。

  • 住宅展示場で1社1社話を聞くのがめんどくさい
  • 営業マンからガツガツした営業をかけられたくない
  • おなじ条件でもっとも安く建てられるハウスメーカー・工務店が知りたい

こんな悩みを抱えているならぜひ利用してください。理想の注文住宅完成に一歩近づけます。

タウンライフ間取り図

↑私もこのサービスを利用して、積水ハウスからこんな間取り図を無料でゲットしましたよ。

詳しくは下記の『たった3分で理想のハウスメーカーに出会う方法!』ページをご覧ください。

 

タイトルとURLをコピーしました