▶たった3分で理想のハウスメーカーに出会う方法

積水ハウスとセキスイハイムではどっちを選ぶべき?決め手はこの2つ!

「注文住宅を建てようと思ってるんだけど、積水ハウスとセキスイハイムどっちがいいか悩む…」

「選択失敗して後悔したくない! 積水ハウスとセキスイハイムを選ぶ決め手を教えて!」

人生で一度の注文住宅、ハウスメーカー選びで失敗したくないですよね。

この記事では、積水ハウスとセキスイハイムの特徴を6つのポイントに分けて、詳しく比較したうえで、どちらを選んだらいいかを解説します。

読めば自分に合っているのはどちらのハウスメーカーなのかがハッキリしますので、ぜひ最後まで読んでください。

積水ハウスとセキスイハイムの比較ポイント6つ

それではまず、積水ハウスとセキスイハイムを以下の6つのポイントで比較してみましょう。

  • 耐震性
  • 間取りの自由度
  • 坪単価
  • 断熱性能
  • アフターサービス
  • 営業マンの質

耐震性はどちらを選んでも安心

耐震性は、積水ハウスは耐震等級3(建築基準法レベルの1.5倍の耐震性)が最低水準となっており、安心です。

耐震等級3を取得する手段のひとつとして、地震や衝撃に対する住宅の安全性をより高めるために、「構造計算」というものがあります。

「構造計算」は鉄骨住宅を建てる際には義務付けられていますが、2階建て以下の木造住宅を建てる際には義務付けられていないため、ほとんどのハウスメーカーではやりません。

しかし、積水ハウスの木造住宅は「構造計算」ができるようにつくられており、鉄骨住宅はもちろん、木造住宅にも「構造計算」を行っています。

一方、セキスイハイムの営業マンに耐震性について質問したところ、自社の木造住宅の「構造計算」については何もいっていなかったので、鉄骨住宅以外にもかならず実施しているかどうかは不明です。

シーカス
(画像引用:積水ハウスホームページ https://www.sekisuihouse.co.jp/)

積水ハウスの鉄骨1・2階建てには、地震動エネルギー吸収システム「シーカス」を搭載可能。

地震が来たときに、地震の衝撃を熱エネルギーに変換することで、建物への被害を軽減します。

「シーカス」自体は特殊高減衰ゴムでできており、積水ハウスが行った試験では、耐用年数100年相当という結果が出ました。

さらに、兵庫県南部地震の最大速度90カイン(※カイン=地震の強さを揺れの速度で表したもの)をはるかに超える、最大速度160カインという巨大地震を想定した実験でも、倒壊はもちろん、外壁の割れもないという結果が出ています。

また、積水ハウスの鉄骨1・2階建てと木造住宅には、免震システムを採用。

積水ハウスが行った実大振動実験では、震度7の揺れを9分の1(鉄骨の場合は10分の1)に低減し、揺れの大きい2階部分でも家具の転倒や家財の破損はありませんでした。

セキスイハイムの耐震性能
(画像引用:セキスイハイムホームページ https://www.sekisuiheim.com/)

対して、セキスイハイムも標準仕様で耐震等級3を取得できます。しかし、一部の特殊プランでは例外もあるので、建てる際は注意が必要です。

セキスイハイムが行った実験では、標準的な2階建ての建物に計100回以上の揺れを実施。

一般的な基準である耐震等級3は600ガル(※ガル=地震の揺れの大きさを表す加速度の単位)程度の地震が起きても倒壊しないことが基準になっていますが、実験では3.52倍の2,112ガルの揺れを与えても、構造体に有害なダメージはありませんでした。

2階建てよりも被害が大きくなりやすい3階建ての建物を使った実験でも、1,862ガルまでクリアしています。

以上のことから、実験ではそれぞれ別の基準を用いて測定しているので単純な比較はできませんが、耐震性についてはどちらを選んでも安心できるといえるでしょう。

間取りの自由度は積水ハウスのほうが高い

間取りの自由度は、積水ハウスに軍配が上がります。

ダイナミックフレーム・システムで実現可能な大空間
(画像引用:積水ハウスホームページ https://www.sekisuihouse.co.jp/)

積水ハウスのダイナミックフレーム・システム(鉄骨1・2階建て)では、最大天井高2,740mm・最大幅7,000mmの広い間取りを実現可能。

柱や間仕切りのない30帖を超える大空間をつくることができ、開放感あるリビングでの生活を楽しめます。

フレキシブルβシステム
(画像引用:積水ハウスホームページ https://www.sekisuihouse.co.jp/)

また、積水ハウスの鉄骨1・2階建てと鉄骨3・4階建てでは、通し柱が不要です。

二世帯住宅で1階は親世帯、2階は子世帯で住む場合に、それぞれの世帯で好みの間取りが叶えられます。

セキスイハイムのユニット
(画像引用:セキスイハイムホームページ https://www.sekisuiheim.com/)

対して、セキスイハイムでは88種類のサイズバリエーションを持つユニットを組み合わせて枠をつくり、そのなかの空間を自由に仕切れます。

鉄骨の柱と梁だけで基本構造が成立するので、室内に構造を支える壁が少なく、耐震性をキープしたまま最大約33帖の柱や壁が出ない空間をつくることも可能です。

構造を支える壁が少ないと、将来リフォームしたくなったときに間取りの変更が柔軟にできるというメリットもあります。

ただ、ユニットをブロックのように組み合わせてつくるという特性上、間取りの一部を広げるとそれに連動して廊下が必要以上に広くなるといったように、細かい融通が利きません。

間取りの自由度で選ぶなら、積水ハウスを選びましょう。

坪単価はおなじ

坪単価の目安は、

  • 積水ハウス:600,000円~1,000,000円
  • セキスイハイム:600,000円~1,000,000円

となっており、価格帯はおなじです。

ただ、坪単価の計算方法には厳密な決まりがなく、計算方法によって金額が大きく変わってきます。さらに材料費の高騰や建築会社の方針変更によって年々変動していくので、あくまで参考程度にとらえましょう。

なお坪単価の計算方法については以下の記事でさらに詳しく解説しているので、詳細まで知りたい方はこちらもあわせて参考にしてみてください。

具体的にいくらで建てられるか総額が知りたい方には、以下の記事がおすすめです。ぜひ読んでください。

断熱性能は同レベル

断熱性能は仕様によりますが、同レベルです。

住宅の断熱性能を表す「Q値」と、年間でかかる冷暖房費を下の表で比較しました。見てください。

ハウスメーカー Q値(断熱性能) 年間冷暖房費(37坪の場合)
セキスイハイム(木造) 1.60 110,000円
積水ハウス(プレミアム仕様) 1.60 132,000円
積水ハウス(ハイグレード仕様) 1.90 181,000円
セキスイハイム(鉄骨) 2.10 211,000円
積水ハウス(標準仕様) 2.40 244,000円

「Q値」は小さければ小さいほど断熱性能が高いという意味です。

積水ハウスの断熱仕様には、

  • プレミアム仕様…北海道の基準を超える最高ランクの断熱性能
  • ハイグレード仕様…東北(Ⅱ地域)または北海道の基準に適合するワンランク上の断熱性能
  • 標準仕様…東北(Ⅲ地域)までをカバーできる高い断熱性能

以上の3つがあり、家を建てる地域やライフスタイルによって選べます。

プレミアム仕様とセキスイハイム(木造)で比較すると、おなじ数値であることがわかりますね。

おなじ数値でありながら年間冷暖房費に22,000円の差が出ているのは、気密性能の違いによるものです。

セキスイハイムは気密性能を公表していますが、積水ハウスは公表していません。そのため、明確な数値がわかっているセキスイハイムのほうが年間冷暖房費が安いというデータになっています。

断熱性能にこだわるなら、積水ハウスかセキスイハイムかで迷う必要はありません。仕様にこだわりましょう。

「Ⅱ地域」と「Ⅲ地域」の区分については以下のサイトで確認できます。
断熱性能の地域区分早見表

アフターサービスは60年目まではセキスイハイムのほうが手厚い

積水ハウスとセキスイハイムのアフターサービスを比較してみると、60年目までに限ればセキスイハイムのほうが手厚いことがわかります。内容は以下の通りです。

<積水ハウスのアフターサービス>

  • 構造躯体と防水に30年の保証がつく
  • 引渡しから3ヶ月・1年・2年・5年・10年・15年・20年・25年目に無料点検がある
  • 30年目からは有料点検が10年おきに受けられて、以降10年間再保証がつく
  • 入居後の不具合はカスタマーズセンターという相談窓口に相談できる(営業時間・定休日あり)

<セキスイハイムのアフターサービス>

  • 構造耐力上主要な部分・雨水の侵入を防止する部分・外壁(下地及び仕上げ材)について、最長30年の保証がつく
  • 30年保証の適用を受けるためには、引渡しから6ヶ月・1年・2年のタイミングで行われる定期点検と、25年目までの5年おきに行われる定期診断(無料)を受けること
  • 30年目以降も、60年目までは5年おきに定期診断が実施される
  • 入居後に利用できる相談窓口は24時間365日対応

両社の大きく違う点は、セキスイハイムは無料の定期診断を60年目までやってくれることです。

積水ハウスは30年目以降の点検は有料なので、長く住み続けると点検にかかるコストに大きな差が開きそうですね。

ただ、積水ハウスの再保証は最長60年までというような縛りはなく、建物が存在する限り永遠に更新できます。

子どもや孫に引き継いで60年以上住み続ける予定であれば、積水ハウスのほうが安心です。

積水ハウスの相談窓口の営業時間や定休日は支店によって違う可能性があるので、自分が建てる地域の担当がどうなっているか、以下のサイトで確認しておきましょう。
積水ハウスカスタマーズセンター

営業マンの質は積水ハウス>セキスイハイム(個人的な意見)

私は住宅展示場で、積水ハウス・セキスイハイム両社の営業マンとそれぞれ話した経験があります。

営業マン1

積水ハウスの営業マン(推定40代男性)は、こちらがした質問に対して丁寧すぎるほどくわしく解説してくれました。

答えの内容も、耐震等級や住宅性能表示といった一般的な基準に基づいたもので、デメリットにもしっかり触れたうえで対策も教えてくれて、印象は100点満点。

営業マン2

対して、セキスイハイムの営業マン(推定40代男性)も、こちらがした質問に対して耐震等級・制震・免震といった用語を使って詳しく説明してくれました。

途中で「打ち合わせに行かないといけない」といって、別の営業マン(推定30代男性)に交代。

メーカーの方針なのか、2人ともまったくガツガツしておらず、自社の商品のメリットをいった後にかならずデメリットを付け加えて、こちらに判断する間を与えるのが印象的でした。

どちらも印象がよかったですが、より熱意がこもっているふうに感じたのは積水ハウスですね。「営業マンはハンコを押させるプロだ」ということを身をもって体感した2時間でした。

積水ハウスとセキスイハイムを選ぶ決め手

2択で迷う女性

積水ハウスとセキスイハイムを比較してきた結論として、両社を選ぶ決め手は以下の2つです。

  • 「子どもや孫に引き継いで60年以上住み続けてほしい」なら積水ハウス
  • 「自分の世代だけ住めればいい」という考えならセキスイハイム

先ほど解説したように、60年以内のアフターサービスが充実しているのはセキスイハイムです。

自分の世代だけ住む予定なら、家を建ててから60年を大きく超えて住み続ける可能性は低いので、老後まで無料でサポートしてくれるセキスイハイムが安心でしょう。

逆に、「子どもや孫に家を残してあげたい」という考えなら、建物が存在する限り再保証を更新できる、積水ハウスのアフターサービスがぴったりはまります。

建てる際の価格帯はおなじなので、金額を気にしてどちらかをあきらめる必要はありません。

ちなみに営業マンの質はあくまで私が話した相手がこうだった、という話であって、あなたがこれから出会う営業マンにおなじ印象を抱くかどうかはまた別の話です。

ここまで書いてきましたが、間取りについては希望内容によって可否が変わってくるので、まず両社にプランを出してもらって検討しましょう。

この記事を読んだことで、積水ハウスとセキスイハイムどちらを選ぶべきかという悩みが解消されることを願っています。

なお、それぞれのメーカーで実際に建てた方たちの声を以下の記事で解説していますので、「積水ハウス・セキスイハイム両社の家の住み心地」について知りたい方はぜひ参考にしてください。

理想の注文住宅完成に一歩近づく方法

これから注文住宅を建てようと思っている方、何から始めたらいいかわからなくて困っていませんか?

そんなときは、【タウンライフ家づくり】注文住宅の一括無料見積もりを使うのがおすすめですよ。

家を建てたいエリアと希望の条件を入力するだけで、複数のハウスメーカー・工務店から間取りプランと見積もりを同時に作成してもらえます。

各メーカーの間取りプランと見積書を比較すれば、ほんとうに自分の希望に沿っているのはどこなのか、ひと目で判断できるでしょう。

  • 住宅展示場で1社1社話を聞くのがめんどくさい
  • 営業マンからガツガツした営業をかけられたくない
  • おなじ条件でもっとも安く建てられるハウスメーカー・工務店が知りたい

こんな悩みを抱えているならぜひ利用してください。理想の注文住宅完成に一歩近づけます。

タウンライフ間取り図

↑私もこのサービスを利用して、積水ハウスからこんな間取り図を無料でゲットしましたよ。

詳しくは下記の『たった3分で理想のハウスメーカーに出会う方法!』ページをご覧ください。

 

タイトルとURLをコピーしました