▶たった3分で理想のハウスメーカーに出会う方法

ミサワホームとセキスイハイムではどっちを選ぶべき?決め手はこの2つ!

「注文住宅を建てようと思ってるんだけど、ミサワホームとセキスイハイムどっちがいいか悩む…」

「選択失敗して後悔したくない! ミサワホームとセキスイハイムを選ぶ決め手を教えて!」

人生で一度の注文住宅、ハウスメーカー選びで失敗したくないですよね。

この記事では、ミサワホームとセキスイハイムの特徴を7つのポイントに分けて、詳しく比較したうえで、どちらを選んだらいいかを解説します。

読めば自分に合っているのはどちらのハウスメーカーなのかがハッキリしますので、ぜひ最後まで読んでください。

ミサワホームとセキスイハイムの比較ポイント7つ

それではまず、ミサワホームとセキスイハイムを以下の7つのポイントで比較してみましょう。

  • 耐震性
  • 間取りの自由度
  • 坪単価
  • 構造
  • 断熱性能・気密性能
  • アフターサービス
  • 営業マンの質

耐震性はセキスイハイムのほうが安心

耐震性は、セキスイハイムのほうが安心です。根拠を解説します。

ミサワホームの技術1
(画像引用:ミサワホームホームページ https://www.misawa.co.jp/)

まず、ミサワホームの家には、制震装置「MGEO」を搭載可能。

「MGEO」は、建物にかかる地震の力をテコの原理で増幅し、効果的に制震ダンパーに伝えることで、建物全体の変形を抑える仕組みです。

ミサワホームが行った実大振動実験では、阪神・淡路大震災の2倍レベルの揺れをふくめた、13回の連続する巨大地震をはじめ、合計39回の加振を行いました。

結果として、構造体の損傷ゼロはもちろん、内装仕上げにも目立った被害はありませんでした。

一般的な基準である耐震等級3は600ガル(※ガル=地震の揺れの大きさを表す加速度の単位)程度の地震が起きても倒壊しないことが基準になっていますが、実験では3.12倍の1,873ガルまでクリア。

ただ、ミサワホームは「耐震等級3がかならず取得できる」とは公言しておらず、耐震実験用の建物と実際の家の耐震性には大きなギャップが生じる可能性があります。

セキスイハイムの技術1
(画像引用:セキスイハイムホームページ https://www.sekisuiheim.com/)

対して、セキスイハイムは標準仕様で耐震等級3を取得できます。

セキスイハイムが行った実験では、標準的な2階建ての建物に計100回以上の揺れを実施。

耐震等級3の基準である600ガルの3.52倍、2,112ガルの揺れを与えても、構造体に有害なダメージはありませんでした。

さらに2階建てよりも被害が大きくなりやすい3階建ての建物を使った実験でも、1,862ガルまでクリアしています。

以上の比較をもとに結論をいえば、より大きな揺れと多くの回数で結果を出し、耐震等級3という形でカタログスペックの実現に近づけている、セキスイハイムのほうが耐震性では安心です。

間取りの自由度はミサワホームのほうが高い

間取りの自由度は、ミサワホームに軍配が上がります。

ミサワホームの技術2
(画像引用:ミサワホームホームページ https://www.misawa.co.jp/)

ミサワホームのすぐれている点は、最大3,500mmの高天井がつくれること。

「吹き抜けはつくりたくないけどタテに開放感のある間取りにしたい」という場合に、高天井はうってつけです。

そして何より、大収納空間「蔵」がつくれるのはミサワホームならでは。

デッドスペースを活かして、家のなかの空間をタテにうまく使うのが得意なメーカーといえます。

セキスイハイムの技術2
(画像引用:セキスイハイムホームページ https://www.sekisuiheim.com/)

対して、セキスイハイムでは88種類のサイズバリエーションを持つユニットを組み合わせて、間取りをつくります。

ユニットのサイズが固定であるため、天井の高さは最大2,550mmまで。

逆に極端に天井を低くすることもできず、ミサワホームの蔵のような収納スペースはつくることができません。

坪単価はミサワホームのほうが安い

坪単価の目安は、

  • ミサワホーム:650,000円~800,000円
  • セキスイハイム:600,000円~1,000,000円

となっており、ミサワホームのほうが安いです。

ただ、坪単価の計算方法には厳密な決まりがなく、計算方法によって金額が大きく変わってきます。さらに材料費の高騰や建築会社の方針変更によって年々変動していくので、あくまで参考程度にとらえましょう。

なお坪単価の計算方法については以下の記事でさらに詳しく解説しているので、詳細まで知りたい方はこちらもあわせて参考にしてみてください。

具体的にいくらで建てられるか総額が知りたい方には、以下の記事がおすすめです。ぜひ読んでください。

「木造がいいか鉄骨がいいか」は気にする必要なし

鉄骨住宅の建築現場

ミサワホームとセキスイハイムの大きな違いは、鉄骨住宅を扱っているかどうかです。

ミサワホームの家はすべて木造住宅で、セキスイハイムの家は木造・鉄骨どちらか好きなほうを選べます。

鉄骨住宅の最大のメリットは、誰が建ててもおなじ品質の家が建つということ。

木造住宅は建築現場に木材を持っていき、職人が手作業で加工するため、職人の腕によって仕上がりにばらつきが生まれやすいという特徴があります。

対して、鉄骨住宅は部材を工場で生産するため、ばらつきが生まれることがほとんどありません。

ミサワホームの技術3
(画像引用:ミサワホームホームページ https://www.misawa.co.jp/)

…と、いうのが一般的な鉄骨住宅と木造住宅の違いですが、ミサワホームでは「高度工業化住宅」をうたっており、木質パネルの施工を工場で行います。

生産工程をほとんど機械で行うことで、木造住宅のデメリットであるばらつきを最小限に抑える仕組みが整っているのです。

なので、木造がいいか鉄骨がいいかというのは、ミサワホームとセキスイハイムを比較するうえではそこまで気にする必要はありません。

木造住宅・鉄骨住宅それぞれのメリット・デメリットは以下の記事で解説しています。それでもどっちがいいか迷ってしまうという方は参考にしてください。

断熱性能はミサワホームが上、気密性能はセキスイハイムが上

断熱性能はミサワホームが上、気密性能はセキスイハイムが上です。

住宅の断熱性能を表す「Q値」と、気密性能を表す「C値」、それから年間でかかる冷暖房費を下の表で比較しました。見てください。

ハウスメーカー Q値(断熱性能) C値(気密性能) 年間冷暖房費(37坪の場合)
ミサワホーム(120パネル仕様) 1.41 5.00 96,000円
セキスイハイム(木造) 1.60 1.00 110,000円
ミサワホーム(標準仕様) 1.80 5.00 156,000円
セキスイハイム(鉄骨) 2.10 2.00 211,000円

「Q値」は小さければ小さいほど断熱性能が高く、「C値」は小さければ小さいほど気密性能が高いという意味です。

数値を見ると、断熱性能はミサワホーム(120mmパネル仕様)がもっとも高く、気密性能はセキスイハイム(木造)がもっとも高いことがわかりますね。

年間冷暖房費は断熱性能・気密性能が高くなるほど安くなり、37坪の住宅の場合、セキスイハイム(鉄骨)よりもミサワホーム(120mmパネル仕様)のほうが115,000円安いです。

アフターサービスはセキスイハイムのほうが手厚い

ミサワホームとセキスイハイムのアフターサービスを比較してみると、セキスイハイムのほうが手厚いことがわかります。内容は以下の通りです。

<ミサワホームのアフターサービス>

  • 構造躯体に30年・防水に15年・シロアリに10年の保証がつく
  • 保証期間経過後は、必要とされた耐久工事を行うことで、30年目まで保証延長ができる
  • 引渡しから6ヶ月・11ヶ月・23ヶ月・5年・10年・15年・20年目に無料点検がある
  • 30年目からは有料点検が10年おきに受けられて、以降10年間再保証がつく
  • 入居後は24時間365日受付の「お客様相談センター」が利用できる
  • 24時間体制で工場・メーカー・ディーラー・指定工事店が出動態勢をとる「災害時待機体制」も利用可能

<セキスイハイムのアフターサービス>

  • 構造耐力上主要な部分・雨水の侵入を防止する部分・外壁(下地及び仕上げ材)について、最長30年の保証がつく
  • 30年保証の適用を受けるためには、引渡しから6ヶ月・1年・2年のタイミングで行われる定期点検と、25年目までの5年おきに行われる定期診断(無料)を受けること
  • 30年目以降も、60年目までは5年おきに定期診断が実施される
  • 入居後に利用できる相談窓口は24時間365日対応

防水の初期保証がセキスイハイムは30年になっているのに対し、ミサワホームは15年となっています。

ミサワホームも有償の耐久工事を受ければ30年目まで延長できますが、お金をはらって延長するよりも、最初から30年保証してくれたほうがありがたいのは間違いありません。

ただ一点、東日本大震災のときに被災地でのセキスイハイムの対応が遅かったという声があり、ミサワホームの「災害時待機体制」が今後の災害時に満足度を逆転させる可能性を秘めています。

営業マンの質はセキスイハイム>ミサワホーム(個人的な意見)

私は住宅展示場で、ミサワホーム・セキスイハイム両社の営業マンとそれぞれ話した経験があります。

営業マン1

ミサワホームの営業マン(推定30代男性)は、最初はあまりやる気がないように感じたものの、具体的に土地を探している地域の名前をいうと、高価な土地が多いためか態度が一変。

その後にしたこちらの質問に対しては、模型や資料を使って細かく説明してくれました。

あからさまな態度の変わりように、

「金持ちだと思った相手にしかまじめに対応しないメーカーなのかな」

と呆れたものです。

営業マン2

対して、セキスイハイムの営業マン(推定40代男性)も、こちらがした質問に対して耐震等級・制震・免震といった用語を使って詳しく説明してくれました。

途中で「打ち合わせに行かないといけない」といって、別の営業マン(推定30代男性)に交代。

メーカーの方針なのか、2人ともまったくガツガツしておらず、自社の商品のメリットをいった後にかならずデメリットを付け加えて、こちらに判断する間を与えるのが印象的でした。

営業マンの質に優劣をつけるとするなら、最初からていねいに対応してくれたセキスイハイムのほうが上ですね。

両社の営業マンについてもっと知りたい方には、以下の記事がおすすめです。

ミサワホームとセキスイハイムを選ぶ決め手

二択で迷う女性

ミサワホームとセキスイハイムを比較してきた結論として、両社を選ぶ決め手は以下の2つです。

  • 3.500mmの高天井や蔵に魅力を感じるならミサワホーム
  • 耐震性の高さを優先するならセキスイハイム

まず3,500mmの高天井はセキスイハイムでは実現できないので、間取りに取り入れたいのであればミサワホーム一択になります。

蔵のような収納スペースも、セキスイハイムでは再現できません。

3,500mmの高天井や蔵にそれほど魅力を感じず、より地震に強い家を望むのであれば、セキスイハイムを選びましょう。

ここまで書いてきましたが、年間冷暖房費に関してはあくまで目安であり、かならずその金額になるわけではないので注意してください。

この記事を読んだことで、ミサワホームとセキスイハイムどちらを選べばいいかという悩みが解消されることを願っています。

なお、それぞれのメーカーで実際に建てた方たちの声を以下の記事で解説していますので、「ミサワホーム・セキスイハイム両社の家の住み心地」について知りたい方はぜひ参考にしてください。

理想の注文住宅完成に一歩近づく方法

これから注文住宅を建てようと思っている方、何から始めたらいいかわからなくて困っていませんか?

そんなときは、【タウンライフ家づくり】注文住宅の一括無料見積もりを使うのがおすすめですよ。

家を建てたいエリアと希望の条件を入力するだけで、複数のハウスメーカー・工務店から間取りプランと見積もりを同時に作成してもらえます。

各メーカーの間取りプランと見積書を比較すれば、ほんとうに自分の希望に沿っているのはどこなのか、ひと目で判断できるでしょう。

  • 住宅展示場で1社1社話を聞くのがめんどくさい
  • 営業マンからガツガツした営業をかけられたくない
  • おなじ条件でもっとも安く建てられるハウスメーカー・工務店が知りたい

こんな悩みを抱えているならぜひ利用してください。理想の注文住宅完成に一歩近づけます。

タウンライフ間取り図

↑私もこのサービスを利用して、積水ハウスからこんな間取り図を無料でゲットしましたよ。

詳しくは下記の『たった3分で理想のハウスメーカーに出会う方法!』ページをご覧ください。

 

タイトルとURLをコピーしました