▶たった3分で理想のハウスメーカーに出会う方法

パナソニックホームズの欠点/デメリットをすべて暴露します!

「パナソニックホームズで注文住宅を建てようと思ってるんだけど、欠点ってないの?」

「公式サイト見るとメリットはたくさん書いてあるよね。でも契約するならデメリットも教えてくれないと不安だな…」

大手ハウスメーカー、パナソニックホームズ。ホームページやカタログにはいいことしか書かれてなくて、欠点がないのかどうか疑わしいですよね。

この記事では、パナソニックホームズのホームページやカタログには載っていない、欠点・デメリットをすべて解説します。

読めば欠点・デメリットを知ったうえで建てるかどうか判断できるようになりますので、ぜひ最後まで読んでください。

パナソニックホームズの欠点・デメリット

それではさっそく解説していきます。

家の施工品質が下請け会社の質に左右される

パナソニックホームズの家の例
(画像引用:パナソニックホームズホームページ https://homes.panasonic.com/)

パナソニックホームズのデメリットでまず挙げられるのは、家の施工品質にばらつきがあること。

実際にパナソニックホームズで建てたひとの声を聞くと、以下のような報告が見られました。

  • 壁紙に茶色いのりのようなものがくっきりついていた
  • 換気口がななめについていた
  • 建てつけが悪くて引き戸が閉まらない
  • 釘やビスを打ち間違えたあとがある
  • タイルが割れていた
  • 石膏ボードに必要のない大きな穴が空いていた

このように問題点だらけの家ができあがってしまう原因のひとつとしては、パナソニックホームズが直接建てるのではなく、下請け会社に丸投げするからです。

施主はパナソニックホームズの営業マンやプランを気に入って契約を決めますが、下請け会社の質までは契約前に確認できません。

「パナソニックホームズで建てれば安心だろう」

と思っていると、理想と現実のギャップにおどろくことになる可能性があるのです。

アフターサービスがひどい

パナソニックホームズの家の外観
(画像引用:パナソニックホームズホームページ https://homes.panasonic.com/)

パナソニックホームズの悪い報告で多いのが、アフターサービスの対応。

実際にパナソニックホームズで建てたひとの声を聞くと、以下のような報告がありました。

  • 不具合を指摘したのに「調べておきますね」といったきり何ヶ月経っても連絡が来ない
  • 会う約束をしている日に「担当業者がインフルエンザで来れないので後日に変更してください」と、約束の時間を過ぎてからいわれた
  • 門柱のコンクリートのひび割れを指摘したら「仕方ないですよ」のひと言で片づけられた

パナソニックホームズの家自体は気に入っていても、アフターサービスがこの対応では長年住みつづけるのが不安になりますね。

反対意見として、

「ミスや不具合は多数あったけど、連絡するとすぐに来てなおしてくれました」

「担当の営業マンがなにか相談するとかならず快く対応してくれます。うちはパナソニックホームズで建ててよかったです」

という声もあり、担当者によってはしっかりした対応をしてくれることがわかります。

とはいえ、本来はこうした対応をしてくれるのが当たり前で、担当者に当たりはずれがあるということ自体が問題なので、パナソニックホームズの欠点・デメリットとして知っておきましょう。

標準仕様の水回り設備がパナソニック製のものしかえらべない

パナソニック製の洗面台
(画像引用:パナソニックホームページ https://panasonic.jp/)

家を安く建てるためには、設備を標準仕様のなかからえらぶことがセオリーです。

他のハウスメーカーだと、キッチン・お風呂・洗面台・トイレをそれぞれ2社~5社程度の豊富な選択肢のなかからえらべます。

しかし、パナソニックホームズの標準仕様の水回り設備は、パナソニック製のものしかえらべません。

パナソニック製の設備に魅力を感じる施主にとっては大した問題ではありませんが、

「せっかく家を建てるんだからえらぶ楽しみが欲しい」

という施主にとっては欠点・デメリットといえるでしょう。

ちなみに、パナソニック製の設備にどんな機能がついているかは以下の記事で詳しく解説しているので、気になる方はこちらもあわせて参考にしてみてください。

施工時や工場出荷前の検査がずさん

現場監督

パナソニックホームズの決定的な欠点・デメリットは、施工時や工場出荷前の検査がずさんであることです。

ある施主は、引渡しのときから内装の欠陥がたくさんあることに気づきました。

素人目にもわかるその欠陥の数は、なんと27ヶ所。

さすがにおかしいと思ってパナソニックホームズ以外の大工さんに話を聞いたところ、

「パナソニックホームズは、職人が失敗した箇所を最終チェックで故意にスルーするんですよ」

というおどろきの答えが返ってきたのです。

また、別の施主は、完成前に壁面に取り付けられたサッシが歪んでいることに気づき、パナソニックホームズに調査と部材の変更を依頼しました。

すると、

「工場の出荷時にすでに異常が発生していました」

というおどろきの回答が。さらに製品の完成検査については「目視」で行うことが発覚したのです。

先ほど「家の施工品質が下請け会社の質に左右される」と解説しましたが、パナソニックホームズ自体にも「施工品質を上げよう」という気がないことがわかります。

珪藻土の壁紙が新築1ヶ月で割れる

珪藻土
(画像引用:パナソニックホームズホームページ https://homes.panasonic.com/)

パナソニックホームズの家の特徴のひとつである、珪藻土をつかった壁紙。

パナソニックホームズで建てたひとの声を聞くと、この珪藻土の壁紙が新築1ヶ月で割れてしまったといいます。

担当者に指摘したところ、

「珪藻土の壁紙は伸縮性があるのでかならず割れます。もちろん割れるたびに補修しますので、ご安心ください」

とのこと。

珪藻土に限らず、壁紙は伸縮性があって割れてしまうのがふつうなので、パナソニックホームズだけの欠点・デメリットではありません。

しかし、知らずに建てておどろかないように、あらかじめ知識として頭に入れておきましょう。

ここまで書いてきましたが、ホームページやカタログを見ただけではぜったいに気づけない部分ばかりで、ハウスメーカーえらびの参考になったなら幸いです。

欠点・デメリットをあらかじめ知ったうえで、契約するかどうか検討してみてくださいね。

なお、パナソニックホームズで実際に建てた方たちの声を以下の記事で解説していますので、「パナソニックホームズの家の住み心地」について知りたい方はぜひこちらも参考にしてください。

理想の注文住宅完成に一歩近づく方法

これから注文住宅を建てようと思っている方、何から始めたらいいかわからなくて困っていませんか?

そんなときは、【タウンライフ家づくり】注文住宅の一括無料見積もりを使うのがおすすめですよ。

家を建てたいエリアと希望の条件を入力するだけで、複数のハウスメーカー・工務店から間取りプランと見積もりを同時に作成してもらえます。

各メーカーの間取りプランと見積書を比較すれば、ほんとうに自分の希望に沿っているのはどこなのか、ひと目で判断できるでしょう。

  • 住宅展示場で1社1社話を聞くのがめんどくさい
  • 営業マンからガツガツした営業をかけられたくない
  • おなじ条件でもっとも安く建てられるハウスメーカー・工務店が知りたい

こんな悩みを抱えているならぜひ利用してください。理想の注文住宅完成に一歩近づけます。

タウンライフ間取り図

↑私もこのサービスを利用して、積水ハウスからこんな間取り図を無料でゲットしましたよ。

詳しくは下記の『たった3分で理想のハウスメーカーに出会う方法!』ページをご覧ください。

 

タイトルとURLをコピーしました